背中ニキビの治療

背中ニキビの治療とは?短期間ですが、皮膚科に通いました。

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善


>>私の背中ニキビの治し方<<


◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

初回980円90日間返金保証!
ジッテプラス


薬用濃厚美容液

背中のブツブツ「え?カビ菌」

ニキビ跡がマシに♪【写真】

背中ニキビの治療!皮膚科クリニックの受診体験談

【体験談1】治したいけど医者にも見せたくない

背中ニキビは、かゆみを感じる程度ではまだ軽いと考え、治療に取り組む人はほとんどいません。

 

初期だと感じても顔にあったら誰もが悩むレベルだとしても、人の目に触れないとあまり気にならず、知らぬ間に悪化させてしまう場合もけっこうあるのではないでしょうか。

 

膿んで重症化すると、衣服の些細な摩擦も刺激になり、なかなか治りません。自分で治そうとすると大変です。でも皮膚科を受診し治療を受ければ、症状の改善にそれほど時間はかかりません。
ただ皮膚科での治療として処方される主な薬は、

  • ステロイドや抗生物質
  • ビタミン剤

です。

 

注意しなくてはならないのは、薬によって症状は改善されても、体質が変わるわけではないので、根本的な解決とはならないことです。薬だけに頼っては絶対ダメ!

 

長期間、ステロイドのような薬を使い続けるのは不安です。

 

海やプールで泳いだ後の肌のケアや、衣服に薬が付着してしまうなど、面倒だと感じる場面が次々出てきます。

 

ひどくなった場合、治った後も色素沈着を起こすこともありますから完全にきれいになるには相当の時間を要します。

 

治療を始めると決めたら、その時点で生活全体を見直し、健康的なライフスタイルを築く方向に目を向けてみることが大切。予想以上の効果が生まれるはずです。

 

正しい背中ニキビの治し方は薬を服用するだけでなく生活習慣を振り返るところからスタートしましょう!

治療は

  • 毛穴につまった皮脂、汚れ、角質を取り除く
  • アクネ菌の働きを抑制する
  • 雑菌による炎症を予防する

のが主なものです。

 

毛穴につまった皮脂、汚れ、角質を取り除く場合、クリニックでは洗顔後に塗るイオウの配合された薬を処方される場合もあります。自宅では「専用のクレンジングで丁寧に洗う方法」「毛穴パック」が手軽で効果がありす。

 

アクネ菌の働きを抑制する場合、クリニックでは皮脂の活発化を抑えるビタミン剤を処方されます。自宅では「ニキビ専用コスメ」を使用するとともに、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めない等、生活改善を心がけましょう。

 

雑菌が入って炎症を起こしてしまったら痕の残る可能性も出てきます。クリニックではステロイドや抗生物質を処方されます。自宅では、清潔を保って炎症が治まるのを待つことが大切です。膨れてただれてきたら、早めに専門医の治療を受けましょう。そうなる前の予防が大切なのは、言うまでもありません。

【体験談2】病院の皮膚科受診時の対応・薬

 

問診票には現在の症状に加え、本人や家族のアレルギーの有無について主に記入します。その用紙をもとに診察を受けるのですが、皮膚疾患は見ただけで原因がわかるものではありませんので、症状の改善が目標となります。

 

医師から入浴時の体の洗い方についてのアドバイスもありますすが、皮膚のケアは乾燥させないと刺激を与えないことが何より大切なので、背中ニキビの処方薬もビタミン剤(服用薬)とステロイド軟膏(塗り薬)とがほとんどです。

 

不安になってしまうのは、薬を服用していれば症状が改善しているものの、薬をやめてしまう再びボツボツとでき始めることなのです。そして再び受診しても、同じ内容。この繰り返しになります。ステロイド軟膏は長期間続けて使用する薬としては、副作用が不安です。でも使わなければ治まらない。悪循環におちいります。

吹き出物のできやすい肌、いわゆるニキビ肌というと皮脂の分泌が活発な脂性肌を連想します。

 

しかしおとなになってからの吹き出物は脂性肌とは限りません。むしろ刺激に対して過敏に反応すうるタイプの肌にアクネ菌が増殖してしまう場合がほとんどです。

 

ですからアクネ菌を気にして皮膚の清潔を保とうと洗顔回数を増やすと、皮膚への負担が過重になり肌の悪化につながりかねません。また皮脂を抑えるための化粧品も皮膚を乾燥につながるので、皮膚を傷めやすくなって菌に感染したりシワの原因となったりします。化粧品の性質を知ったうえでの注意が必要です。

 

大人の肌トラブルに悩む人が心がけるべきは、保湿と生活習慣の見直しです。

 

ストレスからホルモンバランスがくずれたり、食生活の乱れ、睡眠不足などがニキビの原因となるのです。原因が取り除かれなければ、治りにくくなりますし、再発を繰り返しになります。

 

肌の保湿を意識するとともにバランスのよい食事、規則正しい生活、そしてストレスを減らす努力によって習慣となったニキビ肌ともさよならできるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+