背中ニキビ対策【ココが大切!5つのポイント】

背中ニキビ対策【ココが大切!5つのポイント】

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善



初回980円90日間保証
女優の背中に!


背中のブツブツ「え?カビ菌」

薬用濃厚美容液

生活の仕方で改善しよう!

衣類対策!化繊は禁物

下着に化繊は禁物です。特に、背中ニキビができやすい部位に接する肌着やキャミソールはシルク(絹)に変えるのが理想です。シルク(絹)でなければ綿といった天然繊維の素材にしましょう。シルクは、お手入れが大変……と思われるかもしれませんが、それだけで無くなるのも珍しくありません。シルクは肌にやさしく保湿効果も高いのです。シルクや綿が難しいなら、テンセルやリヨセルのような肌に優しい指定外繊維(自然由来の素材)も良いでしょう。

 

>>シルクインナー
>>綿インナーは【綿100%】をクリック

 

※指定外繊維とは?

ユーカリなどの木材を特殊な液で溶かして作られる再生繊維です。溶剤をも回収して再利用するため、廃液が環境中に放出されず、地球にも優しいエコロジカル。繊維の断面が円形なので強度が高いのが特徴です。テンセル、リヨセルは同じ繊維を指します。テンセルは英国のコートルズ社の商標、リヨセルはオーストリアのレンチング社の商標として使用されていました。しかし2004年にこの2つの会社は合併したのです。それからブランド名をテンセル、総称としてリヨセルとなりました。

 

ポリエステル、ナイロンなどの化学繊維は、ダメ。できる限り避けましょう。悪化させる原因になります。

 

下着(ブラジャー)対策!あなたはピッタリサイズ?

ブラジャーは3カ月に一度程度、専門店で計ってもらってサイズ点検しているでしょうか?身体にしっかり合っていないブラは、背中の皮膚に過度な刺激を与えます。毎日の動きの、わずかな摩擦の積み重ねが肌トラブルを招きます。

 

定期的にサイズ点検をして正しいサイズのブラジャーを身につけましょう。

 

ストレス対策!低温入浴&半身浴でリラックス

20分程度、38℃前後のお湯につかりましょう。ゆったりしたバスタイムで心も体もリラックス。半身浴もいいですね。

 

入浴はストレスが解消できるだけでなく、血行が良くなり新陳代謝も高まります。毛穴が開いて老廃物を排出します!

 

紫外線対策!背中露出にも日焼け止め

顔や首筋には日焼け止めをつけるものの、背中はうっかり忘れがち。日焼けした肌は乾燥してターンオーバーのリズムが崩れます。健康な肌であれば、自然に剥がれ落ちる角質が肌に残ります。そのため角質層が厚くなり毛穴がつまってしまうのです。

 

肩や背中を出すと心地よい季節は紫外線にも要注意。毛穴に影響の少ない紫外線吸収剤不使用、オイルフリーの日焼け止めを塗りましょう。シミ・ソバカスも予防します。

 

>>驚くほど肌に優しい日焼け止めUV

※紫外線吸収剤にはジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、メトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどがあります。

 

日焼け止めサプリメントも併用すると相乗効果が期待できます。飲むだけだから塗るより簡単。シトラス果実とローズマリー葉エキスで紫外線を56%カット!今ならモニターコースもあります。

 

>>抗酸化で美肌☆雪肌ドロップ

 

※日焼け止めクリーム禁止のプールでもサプリなら使えますね^ ^

質の高い睡眠をしっかりとる

成長ホルモンの分泌する夜10時から午前2時までは、睡眠時間にあてましょう。新しい細胞をつくり出すのが成長ホルモン。よく言われていますが、このゴールデンタイムにしっかり眠るだけで肌のコンディションは格段に違ってきます。

 

仕事や生活リズムでゴールデンタイムの睡眠が難しい場合でも7時間の睡眠はとるのが大切。それだけで、お肌の状態はワンランク上がります。

いわゆる吹き出物は大人ニキビです!

世間では「吹き出物」という言葉をよく聞きます。皮膚表面に「プチッ」と何か「できもの」ができた場合の名称ですが、この言葉は10代を過ぎた年齢層の人にでる皮膚の炎症性疾患を表すものです。

 

よく言われるニキビとは使い分ける人が多いですが、基本的な原因には共通性があります。

 

体毛が生えている毛包の構造的上、脂腺から分泌された脂分が外部まで完全に排出されずに、皮脂腺の口や毛穴の口に詰まった状態になると、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすという仕組みは同じです。

 

思春期は非常にオイリーな時期なのでこういった状態になる人が多くなります。ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがあり、こういった皮膚の炎症に関係するのは男性ホルモンです。10代はその男性ホルモンの1種であるDHEA−Sが血液中に多くに含まれます。そのため、これが皮脂腺を刺激して皮脂を多く分泌させます。

 

しかし、10代を過ぎるとその他の数種類の男性ホルモンが増えて、同じようなメカニズムで皮脂を多く分泌させるという報告もあがっています。
(1991年のアメリカの皮膚科医による文献からです)

 

吹き出物といっても、上記のようなホルモンによる皮脂異常ではなくて、胃腸が弱っているときに、特に口の周りにできるものもあります。この場合は、胃腸の状況が肌に出ている状態になり、食生活を改善すれば大部分が治ると思われます。

 

簡単に言えば便秘を解消ですね^ ^

 

その他の吹き出物は、男性ホルモンをコントロールして多くできないように気をつけなくてはいけません。男性ホルモンをコントロールするためには、精神的抑圧を感じすぎて自分を追い込まない寝不足にならないなど、気持ちや体をリラックスさせるのが対策です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+