背中ニキビとビタミンB・ビタミンCの関係とは?

背中ニキビとビタミンB、ビタミンCの関係とは?

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善


>>私の背中ニキビの治し方<<


◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

初回980円90日間返金保証!
ジッテプラス


薬用濃厚美容液

背中のブツブツ「え?カビ菌」

ニキビ跡がマシに♪【写真】

背中ニキビを改善させるビタミンB2・ビタミンB6そしてビオチン

背中ニキビ改善のためには、食生活の面から考えると、どのような成分がよいのでしょうか。

 

そもそも背中ニキビは、背中における皮脂の分泌の多さが原因でできるのです。ですから皮脂の分泌を抑えるには動物性脂肪の摂取を控えめにして、ビタミンB群を摂るとよいでしょう。

 

バターや豚バラ、霜降りの牛肉などの動物性脂肪を摂取すると男性ホルモンが増加します。その結果、皮脂の分泌が活発になります。そして増えてしまった皮脂の分泌を抑制するのがビタミンB2とB6、そしてビオチンです。

ビタミンB2の働き

脂質の代謝を促進し、皮膚の再生に働きかけます。

【ビタミンB2を多く含む食品】
豚レバー 牛レバー 鶏レバー いかなご うなぎ 生うずら卵 うに すじこ 魚肉ソーセージ さば ずわいがに 納豆 いくら 焼たらこ 卵 まいたけ カマンベールチーズ

ビタミンB6の働き

脂質の代謝をサポートします。ビタミンB6が欠乏するとアレルギー症状や湿疹が出ることがあるので不足しないように心がけましょう。

【ビタミンB6を多く含む食品】
にんにく びんちょうまぐろ 酒粕 牛肉レバー まぐろ かつお 鶏肉 丸干しいわし 鶏肉レバー きはだまぐろ 鴨 鶏ささみ 塩さけ 豚肉レバー さんま スモークサーモン 生ハム あじ

ビオチンの働き

ビタミンB7あるいはビタミンHとも呼ばれます。皮膚の炎症を予防する因子です。このビタミンはタンパク質の生成に関係があり、皮膚を再生する細胞の活性化や皮膚機能を正常に保つはたらきをします。あまり知られていませんが「縁の下の力持ち」的な成分です。

【ビオチンを多く含む食品】
レバー 大豆 穀類 卵黄 ローヤルゼリー いわし くるみ 落花生 牛乳 ピーナッツ 卵 きな粉 豆類 玄米 きのこ類

これらビタミンB群は肉や魚や大豆製品などに含まれているので、肉の部位や調理法などを工夫し、バランスのよい食事を摂ることが大切です。

ビタミンCの働き

ビタミンCは抗酸化作用が大きく美肌や健康のためには欠かせない成分です。活性酸素の正常な細胞への攻撃を抑えます。また免疫力を高めてナチュラルキラー細胞を活性化させる働きに貢献します。美容面では細胞同士をつなげるコラーゲンの合成、シミやそばかすを目立たなくするなど、数え上げればきりがありません。推奨摂取量は男女とも成人で100mgですが、美容面を考えたら300mg以上取るのが望ましいでしょう。ビタミンCは多めに摂取しても尿で排出されます。

【ビタミンCを多く含む食品】
赤ピーマン 黄色いピーマン パセリ 芽キャベツ ケール ゴーヤ ピーマン ゴールドキウイ キウイ レッドキャベツ レモン ブロッコリー イチゴ 緑茶

http://www.se-nikibi.net/

背中の吹き出物は、単に皮膚に原因があってきるのではありません。いくつかの条件が重なった結果として表れるものです。

 

背中に限らず大人になってもアクネ菌が活発化しやすい人は、もともと肌が弱く、体の異常が最初に皮膚に表れるという場合がほとんどです。

 

たとえばラードたっぷりのラーメンとファストフード店のハンバーガーを続けて食べて一気に背中のブツブツが悪化した例もあり、この場合は動物性脂肪の過剰摂取によってビタミンBが欠乏し、皮脂の分泌が活発になり毛穴をふさいだことが原因だと考えられます。食べ物によって体調や肌質が変化するのは、よくありますね。

 

また不規則な生活を続けると自立神経が乱れます。それによりホルモンバランスがくずれ、肌荒れを引き起こします。

 

さらに自律神経には交換神経と副交換神経がありますが、自律神経の乱れで交換神経が刺激されると、やはり皮脂の分泌が活発になります。

 

便秘が原因となることもあります。便秘によって腸内の悪玉菌が増え、有害物質が発生します。体内にたまったこの有害物質の一部が血液を通って皮膚から出るため、毛穴をつまらせてアクネ菌の温床となります。

 

食事のほか紫外線など日常生活に要注意!ビタミンCは経皮吸収も効果あり!?

肌トラブルに関しては日頃から注意を払っておかないといけません。もちろん紫外線にさらされるのはいけません。

 

男女を問わず皮脂の多い人は毛穴が詰まりやすくアクネ桿菌の増殖しやすい肌質だと言えます。つまりコメドを形成しやすい肌になっているわけですから、食べ物、生活習慣、洗顔等の方法に注意しなければいけなくなります。

 

食べ物は脂っこいものを避け、肉でも油身の少ない肉の赤みの部分、魚、豆類といった良質のたんぱく質を摂取し、ビタミンA、C、Eをこまめに摂る必要があります。

 

生活習慣の上では、過度なストレスを避けたり、解消したりすることも必要になります。実際ストレスによってニキビが出来てしまう人もいます。

 

ビタミンCを肌から取り入れる時に注意するのは、肌の目的となる部分に届くのが難しいということ。酸化しやすいからです。Cは一瞬で酸化してしまいます。それを解決したのがビタブリッドC。純粋なビタミンCが継続的に経皮吸収できるようにパウダーにしたものです。今使っている化粧水に使う直前にプラスすることで12時間じっくり浸透させることができます。

 

また顔や首元、胸、背中など汗をかきやすい部位は、刺激の少ないボディソープでゴシゴシ擦らない程度に、よく洗う必要もあります。ナイロンタオルで洗うと、どうしても刺激が強すぎます。ゴシゴシしていないつもりでも、皮脂を取り過ぎてしまいます。柔らかいボディウォッシュタオルや手拭いなどが良いでしょう。
夏も冬もこういった部分は常に汗をかきやすくなっているので、コメド形成を避けるためにもよく洗いましょう。

 

さらに言えば、適度な運動も必要です。体全体の新陳代謝が活発になって肌のターンオーバーもきちんとなされるからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+