肌タイプ スキンケア

肌のタイプ別、スキンケアの基本【インナードライ肌には要注意】

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善



初回980円90日間保証
女優の背中に!


背中のブツブツ「え?カビ菌」

薬用濃厚美容液

脂性肌、普通肌、乾燥肌、混合肌、インナードライ肌の5タイプとは?

角質層の水分量、皮脂分泌量によって、肌のタイプは5つに分かれます。タイプ別スキンケアが大切です♪

 

脂性肌-オイリースキン-

皮脂の分泌量が多く、肌がいつもペタッとした感じがするのが特徴です。アブラ浮きが多く、毛穴が目立ちます。

 

洗顔後は、顔がつっぱり難いです。その分汚れがつきやすく細菌・黴菌が繁殖しやすいのでニキビ、湿疹、吹き出物ができやすいでしょう。

正しい洗顔を心がけて、いつも肌を清潔に保つことが大切です。ぬるま湯で毛穴を充分に開かせてから、汚れを落とします。仕上げは冷水をパシャパシャかけて、肌を引きしめましょう。

普通肌-ノーマルスキン-

脂性肌と乾燥肌の中間で、最も落ち着いている肌質です。適度な潤いに満ちており、きめが細かいのが特徴です。

スキンケアも一般的な方法で問題ありません。

乾燥肌-ドライスキン-

水分、皮脂量ともに少ないので、肌が常時乾燥しています。ニキビや吹き出物が、あまり出ないのが特徴です。きめが細かい割には、潤いが少ないのでツヤがありません。

 

化粧ノリにむらがあり、メイクが浮きがちです。肌が弱く肌荒れを起こしやすい敏感肌が多いでしょう。

何といっても、保湿に気を配ることが大切です。洗顔後は保湿性の高いローションを素早くつけて、乳液や美容液、クリームなどで肌に栄養分を閉じ込めます。

混合肌-コンビネーションスキン-

脂性肌と乾燥肌が混在しています。Tゾーンと呼ばれるオデコや鼻が脂性肌、目元や頬は乾燥肌というのが一般的です。

脂性肌につける化粧品と、乾燥肌につける化粧品は違ってきますので、それぞれに応じたスキンケアが必要です。

インナードライ肌

最近注目されているのが、インナードライ肌。皮脂は充分に分泌されているのに、内部の角質層が水分不足で乾いている状態。

 

メカニズムとしては肌が荒れて乾燥→皮脂が過剰に分泌されるということです。

 

特徴は

  • キメが荒くなり毛穴が目立つ
  • 皮脂がでているにもかかわらず肌がつっぱる
  • 化粧のりが悪い
  • 与えるスキンケアを充分にしているのに乾燥する
  • 肌の状態が不安定
  • かさつく

のどれかに該当して、上記4タイプにあてはまらなかったらインナードライ肌の可能性があります。

 

与えても与えても、潤いが逃げていくようなインナードライ肌。乾燥してしまう原因は、

  • 冷暖房が原因の空気の乾燥
  • 紫外線によるダメージ
  • 合わないスキンケア

のっような外部的な要因です。さらに、不規則な生活、バランスの良くない食、ストレスなど内部要因でもトラブルは加速します。

キチンと水分チャージをする保湿ケアが大切なのは同様です。また1年中紫外線対策は怠らないように心がけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+