背中ニキビのスキンケア

背中ニキビのスキンケアは予防医学?

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善



初回980円90日間保証
女優の背中に!


背中のブツブツ「え?カビ菌」

薬用濃厚美容液

化粧水(ローション)の後には乳液ではなく美容液が一般的♪乳液=美容液?

基礎化粧は自宅で行うのが一般的です。背中ニキビのスキンケアも、よほど酷くならない限りは予防と自宅治療がおススメです。

 

エステやクリニックの利用も有効ですが、基本は毎日のお手入れです。

 

新しく開発された化粧品は、

  • 新たに発見された成分
  • 医療レベルの効能をもち化粧品への配合は難しい成分の導入

など、敏感肌でも美白効果の高い化粧品といった、機能性化粧品がどんどん出てきています。

 

ニキビに関しても、思春期の若者向け化粧品
「プロアクティブ」
以外の、薬用化粧品も充実してきました。

  • 草花木果シリーズの整肌スキンケア「どくだみ」
  • ビーグレンのアクネケア専用セット
  • オルビス化粧品のクリアローション

などです。

 

キチンとした、スキンケアは予防のため、悪化防止のための自宅治療として有効です。治療薬のように強力でなく、依存することなく、自分の肌の状態に会わせて取捨選択できるのが安心ですね。

 

基礎化粧の順序として
洗う
ニキビ予防のための手順楚示す矢印
化粧水
ニキビ予防のための手順楚示す矢印
乳液
ニキビ予防のための手順楚示す矢印
クリーム
が一般的でした。

 

現在も、こちらの行程に少し変化が出てきて、洗顔と化粧水の間に導入化粧水(ブースター)が入るもの、化粧水の後に、乳液ではなく美容液で栄養補給と同時に保湿効果を高めるためのフタの役目をもつ単体化粧品、シリーズ化粧品などさまざまな機能性化粧品が登場してきています。

 

背中のスキンケアだけでなく、顔、ボディ全体のスキンケア全体に言えることです。

 

こちらの導入化粧水は、洗った後、お手持ちの化粧水を使う前に肌のせておくだけで、「化粧品かえた?」と驚くほど、後から使う化粧品の吸収率を高める導入化粧水です。

 

 肌をプルプルに柔らかくする導入化粧水

厚塗りメイクはダメですよね。

ぶつぶつができている時はメイクはしないほうがいいと思いがちです。でも、紫外線対策は必須。 ノーメイクは肌へのダメージを、モロに受けてしまうからです。特に紫外線は肌トラブルを悪化させます。 まずは肌の負担にならない敏感肌用、または低刺激の紫外線防止効果のある日焼け止めを塗りましょう。それに、軽くパウダーをのせれば充分です。 クリームタイプのファンデーションを、しっかり塗って隠そうとすると雑菌が繁殖する可能性が高まります。スポンジは肌の刺激にならない柔らかめのものを使いましょう。 同時に、自律神経の乱れ、睡眠不足、ストレスからくるイライラは皮脂の分泌を活発にします。リラックスを心がけて! こめかみ付近を押す頭皮マッサージや、アロマを垂らしたアイマスクで寛ぎの時間をつくるなど、意識的に自分をいたわる時間をつくることが大切です^ ^

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+