背中ニキビにオイル

背中ニキビにオイル(油)が効くの?オメガ3とは?

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善



初回980円90日間保証
女優の背中に!


背中のブツブツ「え?カビ菌」

薬用濃厚美容液

オメガ3脂肪酸とオメガ6の関係とは?

話題になっているオメガ3脂肪酸。背中ニキビに効くオイルは、このオメガ3。不飽和脂肪酸で人間の体内でつくることのできない必須脂肪酸です。

 

さば、イワシなどの青魚、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、など種や実に含まれているオイル(油)!

 

体内の血液内で固まりにくく、血中の中性脂肪やコレステロール値を下げる役割をします。いわゆる血液サラサラのために働いてくれるのです。

 

オメガ3という物質が話題の的になっている理由は、

同じ油でもオメガ3とオメガ6の違いを知って置くことが大切です。

  • 背中、胸などのニキビ
  • アトピー
  • 関節炎
  • ガン

など、炎症が関係している病気にはオメガ3が不足していると考えられているからです。

 

オメガ3が足りないと炎症が起きやすい体質になってしまう研究結果が発表されました。

 

オメガ3が炎症を抑えるオイル(油)であるのに対してオメガ6というものが炎症を起こす材料となるオイル(油)とされました。オメガ6はコーン油、サフラワー油、大豆油などです。こちらも、必須脂肪酸なのにどうして?と思ったのですが、実はこの2つのオイル(油)のバランスが大切だったのです。

 

オメガ3とオメガ6の割合はオメガ3が1、オメガ6が2程度が最適です。しかし私たちの食生活では、オメガ3が1に対してオメガ6が20くらい。極端にオメガ6が摂りすぎの状態になっていることが多いのです。

最適な割合なのは オメガ3:オメガ6=1:2
現実の食生活では オメガ3:オメガ6ではオメガ3が1:オメガ6が20という割合になっています。

ですから、基本的にオメガ6の摂取量を減らせばよいのですが、難しければオメガ3の摂取量を増やしましょう。

 

オメガ3のオイル(油)を吹き出物が出やすくなった時に、大さじ一杯程度飲む人もいます。

 

「油を飲む」

 

というのは信じがたいかもしれませんがえごま油、シソ油などのオメガ3のオイル(油)はサラっとしているので、飲むのに抵抗はありません。何と言ってもオメガ6による血中の脂質濃度を下げてくれるのが嬉しいですね。ダイエットにも効果を発揮するオイル(油)です。

 

一般的にアクネ桿菌に対して脂は注意すべき食材ですが、オメガ3のオイル(油)は良い効果をもたらしてくれます。
注意すべき点はオメガ3は酸化しやすいオイル(油)ですから、冷蔵庫で保管するということです ^

 

>>オメガ3をたっぷり含んでいる上質なエゴマ油を確認する

オメガ3を摂ってもなかなか消えないとしたら?

どうしても背中ニキビは一度できると、消えない、スッキリ綺麗に治らないと思われがちです。

 

原因は治る一方で、どんどんできてくるデキモノがあるからです。自然のままにしておけば、一つ一つのニキビは、治っていくものです。いわゆる自然治癒。

 

しかしそれを上回る勢いで出現してくる場合、正しく対処しなければいつまでたっても治りません。悪化すれば、痕になる心配もあります。

 

つまるところ悪化させたり出現させたりする原因を取り除くことが大切です。消えない、治らないと気にしすぎるのもプレッシャーになります。指で確認するのもやめましょう。

  • 刺激を与えない
  • 潤いを与える
  • 清潔を保つ

がアクネ桿菌に対する直接的な対応です。消えない、ということだけにとらわれず
「できないようにする」
生活の見直しが大切。

 

ヘアケアの薬剤が流しきれずに、背中に悪影響を与えます。同時に長い髪を降ろしている場合、毛先が背中に無駄な刺激を与えていることも忘れてはなりません。ある程度の長さがあると、服の上からでも刺激を与えてしまいます。アップにしたり、結んだりするのがいいですね。

 

面倒くさいと思わずに、菅野結衣ちゃんやざわちんさんのように、遊び心をもちながら、背中を刺激しない「まとめ髪スタイル」を楽しめるようになれば理想的!

 

それが難しいのであれば、自宅ではアップにしておきましょう。外出先では帽子の中にまとめてしまうこと。オフィシャルな場でどうしても
「見た目」
が気になる場所以外は、徹底的に髪を背中に触れないように気をつけ、背中の潤いに気を配りましょう。朝夜ジュエルレインを塗るだけで十分です。

 

マラセチア菌というカビのこともあります!

一般的な菌であればアクネ桿菌です。いわゆるアクネ菌ですね。

 

その場合は清潔を保って朝晩ジュエルレインを塗れば、2週間程度で新しくできるブツブツが減ってきます。リプロスキンを併用すれば、もっと早く効果が表れるでしょう。

 

ところが原因はアクネ菌と思っていても原因菌がマラセチア菌という場合もあります。このマラセチア菌は皮膚に住み着いている常在菌で、皮脂が大好物の皮膚病の菌。カビの一種です。

 

ベタベタじめじめしたところが好きで体調がすぐれず抵抗力が落ちていて、体をまめに洗えず清潔な状態が保てない時には、皮膚の上でマラセチア菌が繁殖してしまうことがあります。
アクネ桿菌によるブツブツは自然に治りますが、マラセチア菌によるマラセチア毛包炎という皮膚病になってしまうと自然に治ることは、まずありません。

マラセチア菌について説明しているきびちゃんです!

 

背中にニキビのようなものがたくさんできて、それが治らない場合はマラセチア菌を疑ってサラスベsarasubeを使うことをおすすめします。

 

マラセチア菌に対しての処方を計算したゲルです。朝晩の1日2回塗れば、徐々に消えていきます。

 

こまめに皮脂を洗い流して清潔を心がけるというケアをしていれば、このようなカビ菌に悩まされることはありません。汗をかきやすく、皮脂が溜りやすいのに、洗いにくいのが背中です。常日頃から気を配っておきたいものですね^ ^

 

マラセチア菌はニキビとは違うのでしょうか。

 

アクネ桿菌対策の薬用コスメ(市販されている皮膚科医が開発したという化粧品です)を使ってみて少し良くなったような気がしているのですが、それではだめでしょうか。

 

また抗真菌外用薬は使い続けなければ再発しますか?
副腎皮質ホルモンのような副作用のあるくすりではなさそうなのですが……。

 

どうぞよろしくお願い致します。

アクネ桿菌対策の薬用コスメも使って悪くはないでしょうが、抗真菌作用のあるサラスベsarasubeの方が効き目はあります。
抗真菌薬は症状が改善したら使用をやめても構いません。

美背中ケアゲルSARASUBE

>>サラスベSARASUBE公式サイトで詳細を確認<<

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+