オイルクレンジング 背中

オイルクレンジングで背中の日焼け止めを落としてもいいのでしょうか?

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善



初回980円90日間保証
女優の背中に!


背中のブツブツ「え?カビ菌」

薬用濃厚美容液

背中の汗腺が詰まりやすくなります!

紫外線の強くなる季節、背中を露出した場合日焼け止めは必須です。

 

しかし日焼け止めはSPF値が高くなるほど、お肌に負担がかかるのは周知の事実。

 

シッカリ洗い落とさなければいけません。

 

洗い流すときに注意しなければいけないのは、顔のアイメイクからリップまで落とせる、オイルクレンジングで背中の日焼け止めまで全て落とそうとしないことです。

 

オイルクレンジングは界面活性剤の含有量が多いので、肌への刺激が大きくなります。

 

できる限り専用のリムーバーの必要ない低刺激の日焼け止めを回数を重ねて何回か塗り、刺激の少ないボディソープで丁寧に洗い流しましょう。

 

オイルクレンジングで洗うと汗腺が詰まりやすくなるので、結果として吹き出物ができやすくなってしまいます。

 

またオイルクレンジングそのものを落とそうとして、ボディソープでごしごし洗うと、今度は肌の皮脂を落とし過ぎてしまいます。すると皮膚の防衛本能が働き、皮脂腺が活発化するという悪循環に陥ります。

 

オイルクレンジングは、1回で全身が洗えるので手軽に使いたくなるかもしれません。

 

ただ吹き出物のある時は、自分の肌に合ったグレンジングで丁寧に日焼け止めや化粧を落としましょう。繰り返しになりますが、専用のオイルクレンジングでなければ落ちないような日焼け止めは使わず、刺激の少ない日焼け止めを何度も塗りましょう。

 

そして優しくボディソープで洗ってから、すすぎ残しがないように洗い流します。

 

バスタイムであれば、ゆったりバスタブに浸かって血行を良くしましょう。清潔な肌に、ビーグレンなどで保湿ケアを行うことが大切です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+