背中ニキビとシャンプー

背中ニキビに悪影響を与えるシャンプー、良いものとは?

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善



初回980円90日間保証
女優の背中に!


背中のブツブツ「え?カビ菌」

薬用濃厚美容液

アミノ酸系、シリコン系のシャンプーは肌に優しい

背中ニキビには、シャンプーを初めトリートメント、コンディショナーなど、どれも良くないものばかりです。ニキビができてなくても、発生の原因になったり、できているボツボツが一層悪化する原因になります。

 

髪は洗ったら、トリートメントをつけてタオルでくるんだりヘアキャップをするなどして、決して背中に液を垂らさないように気をつけましょう。また洗い流すときも、お辞儀をするように頭を下にして背中に流れないようにして下さい。

 

それでも垂れてしまいますよね。背中に影響の少ないシャンプーを使いたいのであれば

  • アミノ酸系
  • ノンシリコン系

のシャンプーを選んでみましょう。

 

肌に良くないシャンプーの成分は洗浄力が高すぎて皮脂を奪い取ってしまうもの(〇〇〇〇硫酸、○○○○スルホン酸と表示されています)、トリートメントの成分はシリコンが配合されているものが肌に悪さをします。

 

前者は洗浄力が高すぎて、背中の皮脂を必要以上に流してしまうのがダメ、後者は髪をサラサラにしたり保護したりするための成分が、毛穴を詰まらせてしまうのでダメなのです。

 

天然由来の成分が主原料。肌に良くない成分は一切使ってないシャンプーを始めとしたヘアケア製品。私はローズの香りにうっとりしながら、こちらのシャンプーを愛用しています。

 

ホワイトローズの香りで癒されるバスタイムは今まで感じたことのないもので、その日の気分でシャンプーを替えることが無くなってしまいました。本当の意味で素肌にも髪にも良いシャンプーです。髪がツヤめいて仕上がるだけでなく、おでこのシワや目じりのシワも目立たなくなってきました。頭皮は皮膚の一部だと実感しています^ ^

 

>>管理人愛用シリコンフリーの炭酸オイル クレンジング&シャンプー楽天1位

背中ニキビはタオルでこすってはダメ

クレンジングフォームで優しく洗いましょう!背中ニキビはタオルでゴシゴシこすってはいけません。

 

できてしまったブツブツが、すぐに治ることはありません。ナイロンタオルで清潔に洗い上げようとゴシゴシとするのは、悪化することはあっても、決してよくなることはないのです。ナイロンタオルでなくても同じ。摩擦は、綿タオルでも絹タオルでも背中ニキビに過度な刺激を与えるだけです。

 

ナイロンタオルでゴシゴシやると、さっぱり感があります。何となくスッキリ綺麗に洗えるような気がします。しかし「ゴシゴシ洗い」はたとえ背中ニキビができていなくても、黒ずみや肌の赤味などの肌トラブルにつながります。洗い心地は良いかもしれませんが肌にはハードです。

 

もしやっているようであれば、すぐにやめましょう!

 

では、どんな洗い方が良いのでしょうか。

 

刺激の少ない石鹸を使って素手で洗うこと。タオルを使うなら絹タオル。一般的なボディソープは界面活性剤入りでカサカサになるので避けましょう。界面活性剤不使用は最低条件として選んでくださいね。私は敏感肌でも使えるクレイタイプのクレンジングフォームを使ってから肌トラブルとは無縁になりました。汚れを吸着してくれるので、こする必要がなくなったからだと思っています。

 

優しく撫でるように洗ってから、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

すでに、できているニキビの炎症を抑えて鎮静化しつつ、新しいブツブツができないような肌環境を整えて徐々に数を減らしていくのが、背中ニキビを断ち切る大きなポイントです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+