アクネスカー

アクネスカーとも呼ばれるニキビ跡

背中ニキビを断ち切るために私がやったこと

背中ニキビが最もひどかった時

目立たなくなりました

背中ニキビが酷い


背中ニキビが改善



初回980円90日間保証
女優の背中に!


背中のブツブツ「え?カビ菌」

薬用濃厚美容液

アクネスカーとも呼ばれるニキビ跡

ニキビは重傷になった場合、治っても跡が残ることがあります。

 

これをニキビ跡と呼びます。アクネスカーとも言われます。このニキビ跡は、皮膚の深い部分である真皮でできる場合がほとんどです。

  • ケロイド様になっている肥大性スカー
  • ぼこぼこ陥没するアイスピックスカー
  • 紐状のケロイドスカー

といった主に3つのタイプに分かれます。

 

この状態になると、外観上、結構目立つようになります。

 

色も異なっていて、肥大性スカーは白色またはクリーム色、アイスピックスカーはスミレ色です。

 

スミレ色なのは皮膚の毛細血管が見えやすいためではないかとも言われています。

 

いずれにしても、大きく目立つアクネスカーについては皮膚科に通って治療する傍ら、再発防止を目指して、皮脂の取り除きや皮膚の新陳代謝を高めるための治療相談をしていくのが良いでしょう。

 

ニキビ跡は外見上、顔などは目立つため、しっかりとしたケアが大切になりますが、すぐには治らないものでもあります。

 

真皮で大きく化膿した場合は大きな跡が残ることもありますし、小さいものであればわからないくらいに消えてしまうものもあります。

 

何よりも肌を柔らかくして新陳代謝を高めることが大切です。導入化粧水をはじめとして高濃度ビタミンCがおすすめ!

 

まずは正しい肌のターンオーバーのリズムを戻すのが最優先事項ですからね。お肌の治療には薬効成分が必要とする深部に届くように、肌の代謝を促進しましょう。有効な高濃度ビタミンCです。

進んだクレーターを治す方法

ニキビを悪化させてしまって、痕がクレーター状になって残ってしまった場合について知っておいてください。短期でクレーターを治すのはレーザー治療が一番です。

 

クレーターは、自分で治すのは難しい……だからといって簡単にあきらめるわけにもいきませんよね。ここで確実にクレーターを治す方法をご紹介します。

 

程度のごく軽いクレーターであれば、ピーリングで効果が得られます。表皮にできたクレーターであれば効果が期待できるのです。根気よくピーリング効果のある化粧品で毎日のスキンケアを続けていきましょう。半年〜1年で跡が目立たなくなってきます。ただし真皮に達した深いクレーターは軽いピーリングでは治せません。

 

その場合はレーザーによる治療が有効です。レーザーを照射することで皮膚の新陳代謝を活性化し、再生を促します。
中でも注目を集めているのはイントラセルやフラクショナルCO2レーザーやフラクセルレーザーの照射です。これはレーザーによって皮膚に細かい孔をあけ、真皮まで到達させたCO2レーザーで、古い皮膚を焼灼する方法です。

 

これにより修復しようとする細胞がコラーゲン線維の増殖を活性化しようとはたらき、皮膚の凹凸をなめらかにします。

 

ファンデーションが溝を埋めるようなクレーターを治すにはクリニックでの施術が必要になってきます。

 

フラクセルレーザー治療専門の美容皮膚科

 

ニキビを軽く考えた結果、肌にクレーターができちゃう!

肌の深刻な悩みといえばしつこいニキビですが、せっかくニキビが治っても痕が残り、それがいわゆるクレーターとよばれる凹凸状態であっては悩みがいっそう深くなってしまいます。

 

ニキビは毛穴に炎症が起こることが原因でできるのですが、思春期になるとほとんどの人が「思春期ニキビ」を経験し、年齢とともに自然に治る場合が多いため、軽く受け止めがちです。

 

皮脂が酸化した場合、炎症を起こしたり膿がたまったりします。その状態がさらに進行すると、毛穴が破れ、皮膚の深い部分を傷つけてしまいます。

 

ニキビをそこまで悪化させると、痕になって残る可能性が高くなります。これがクレーター。一度クレーターとなってしまったニキビ痕は自分では治すのは至難の業です。

 

ですから、ニキビはまず予防しましょう!背中ニキビも、もちろん同じです。

 

ニキビができてしまったら、早いうちに対処し、悪化しないようにケアをすることが必要です。

 

日頃から皮膚の清潔を保つように心がけ、洗顔の際には皮膚を傷つけないようにやさしくていねいに洗うのが大事。

 

洗顔後はタオルで押さえるように水分を取り、絶対にこすらないように!

 

皮膚に合ったケア商品を選んで使うことなどを根気よく続けましょう。

 

クレーター【皮膚の委縮性陥没】対策

気になるのが跡として残ったクレーターです。

 

ニキビが悪化して大きな炎症が起こった場合、瘢痕(はんこん)が残ってしまうのが原因です。ブツブツの治った後、皮膚の表面が凹むことがあります。この委縮性陥没がクレーター。
真皮などの比較的深い部分で炎症を起こして、毛穴の形が失われ、大きな皮膚瘢痕を形成します。

 

ニキビは根が深いと膿疱を潰したりすると周りの皮膚が更に傷んでしまいます。この部分から化膿が治まっても大きな跡になってクレーターになる確率が高くなります。

 

炎症を起こして痛みを伴ったり、熱をもっているなら、絶対に潰してはいけません。まず皮膚科にいって丁寧に治すように心がけましょう。

 

でも現実問題として、クレーターができてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

 

これは個人差があります。人によって、瘢痕の深さや治りのスピードが異なるからです。数か月で治る人もいれば、1年以上かかっても治らない人もいます。

 

クリニックやエステで行うピーリングや、レーザー治療も有効です。人間の皮膚は繊細です。治るとは言っても完全に元の皮膚の状態に戻るとは限りません。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレイン ORBISクリアボディローション ビーグレン プロアクティブ ジッテプラスjitte+